普段の取り扱いに注意

普段の取り扱いに注意

普段からゲームを買ったら、買取してもらう事を前提に取り扱うと良いでしょう。そうすれば不要となったゲームが出てきても、買い取り価格が低くて悔しい思いをする事がなくなります。ゲームは新しいものだけを買う人が多いわけでなく、ちょっと古くても中古になって安くなった商品を狙っている人もいるのです。ゲームによっては1万円近くと高額な商品もあるため、子供やお小遣いでやりくりしている大人もなかなか手が出ない事もあるからです。ゲームは古くなっても多少ニーズがあり、商品の状態が良ければ買取り価格も高くなる可能性はあります。
新品のゲームを買ったら、まずは取扱説明書の扱い方に注意してみて下さい。意外と説明書の劣化は見られている箇所です。何度も見たり触れていると折り目が付いてしまったり、指紋や汚れがつく事もあります。また、説明書は大抵は最初のみ使用し、後はほとんど見る事が無いと思います。そんな時にはあえてパッケージと別に保管し、売る場合を想定してみるのも良いでしょう。
ただし、ゲーム本体と別々に保管した場合は、説明書の紛失だけは注意してください。後で見つからないのでは意味が無くなってしまいます。専用のケースを用意しておいたり、保管場所を決めておくことをおススメします。